ワンちゃんと遊ぶ:小型犬の最強おもちゃ!ロープやボールなどおすすめ人気商品

ワンちゃんと遊ぶ:小型犬の最強おもちゃ!ロープやボールなどおすすめ人気商品
犬は遊ぶのが大好き!飼い主さんとの遊びを通して、社会性を学び、飼い主さんとの信頼関係を築きます。
愛犬とのコミュニケーションや運動不足の解消、歯磨きや知育などに役立つアイテムとしての犬用おもちゃは、
噛む・音が鳴るおもちゃ、引っ張るおもちゃ、知育玩具、ぬいぐるみなどがあります。


 愛犬のコミュニケーション、ストレス解消、運動不足の解消、デンタルケアなどの役割として!




■犬は遊ぶのが大好き!

  • 犬はもともと、野山を駆け回り、狩りをしていたといわれています。
    人間との共同生活が長くなった今でも、じっとしていることが苦手で、元気いっぱい遊ぶことが大好きです。
    犬は、飼い主さんとの遊びを通して、社会性を学び、飼い主さんとの信頼関係を築きます。
    犬にとって遊びは、非常に重要なものといえます。

■運動不足解消になる

  • 室内飼いワンちゃんにとって気をつけるべきポイントの1つが「運動不足」です。
    お外で遊びながら軽い運動をさせる事で運動不足解消に繋がります。
    犬用おもちゃを使いながらばお悩み解消に繋げましょう。

■ストレス解消になる

  • 小さなワンちゃんでも人間と同じようにストレスを感じます。
    人間と違い、言葉を発して自由にストレス発散する事が出来ないワンちゃんだからこそ、
    抱えているストレスも飼い主がきちんと察知して、しっかりストレス解消させてあげましょう。
    お外で遊びながら噛む・走る・振り回す・ひっぱり合うなどの本能的な動作を楽しむ事ができ、
    ワンちゃんも楽しくストレス発散出来ることが大きなメリットです。

■お外で遊ぶグッズ

  • お外でペットと楽しく遊ぶために、おすすめのおもちゃを3種類ご紹介します。
    お外でペットと楽しむだけでなく、ペットの健康やストレス解消にも役立ちます。ぜひお試しください。

  • <ボールタイプ>
  • ワンちゃんと暮らしていたら必ず1つはボールタイプの犬用おもちゃがあるのではないでしょうか。
    取ってこい遊びは勿論、コロコロと転がすだけでも楽しいボールはワンコにも人気のある犬用おもちゃ。
    屋外・屋内どちらでも使えるボールはいくつか用意しておけばとても重宝します。
    最近ではボールを飛ばすことができるナーフタイプなんてのも出て来ています。

  • <フリスビータイプ>
  • フリスビータイプの犬用おもちゃは古くから人気で、
    遊びながら激しい運動が行えるので運動不足解消を狙うワンコにおすすめです。

  • <引っ張りっこできるタイプ>
  • 形状としてはロープ型、ぬいぐるみ型などがあり、特にロープ型は歯磨き効果のある商品もあるので、
    遊びながらデンタルケアにも一役買う便利グッズです。
    飼い主さんと引っ張りっこ遊びをする事で簡単にコミュニケーションを取る事が出来ますし、
    多頭飼いの場合はワンちゃん同士で引っ張り合いをしている様子を見る事が出来るのでとても癒やされますよ。

■ドッグスポーツの世界

  • また、ワンちゃんと一緒に遊ぶ延長線上に【ドッグスポーツ】というものもあります。主なドッグスポーツは下記の5種。

  • <アジリティー>
  • アジリティーは、ドッグスポーツの中でもっとも人気の高いもののひとつです。
    簡単に説明をすると、アジリティーは犬の障害物競争です。
    ハードルを越えたりトンネルをくぐり抜けたりして、ゴールを目指します。
    犬がうまくハードルを越えられるかどうかはもちろん、ハンドラーとなる飼い主の指示も重要になってきます。
    同じコースは2つとないため、毎回新鮮な気持ちでコースを走ることができるのも魅力です。

  • <フリスビー>
  • ディスクドッグとも呼ばれますが、フリスビーもアジリティーに次いで有名なドッグスポーツのひとつです。
    時間内にどれだけ遠くに投げたフリスビーをキャッチできるか競うものから、
    犬といっしょにダンスをしながらフリスビーをして、その芸術点を競うものまで、たくさんの競技があるのも魅力です。
    フリスビーは犬の脚力やキャッチ能力もそうですが、
    一番大切なのはハンドラーとなる飼い主がフリスビーをどれだけ上手に投げられるかのスロー能力です。
    フリスビーはアジリティーよりも多くの練習時間を必要としないため、
    手軽にドッグスポーツにチャレンジしてみたい人にも向いています。

  • <エクストリーム>
  • エクストリームは、一見するとアジリティーに似たドッグスポーツです。
    アジリティーとの大きな違いとしては、犬をコントロールするハンドラーがそこまで重要とされない点でしょう。
    シンプルなコースが多くタイムを競うことが目的のため、複雑なルールを覚える自信がない人はエクストリームがおすすめです。
    また、エクストリームはタイムを競うこともそうですが、飼い主と犬との信頼関係を築くことも目的としています。

  • <フライボール>
  • 単純なように見えて意外に奥が深いのが、フライボールです。
    コースには4つのハードルが設置されており、犬はハードルを越えてフライボールボックスを目指します。
    フライボールボックスにタッチするとボールが飛び出てきて、犬はそれをキャッチしてきた道を戻ります。
    ルールは簡単なので、はじめてドッグスポーツにチャレンジしたい人にも良いでしょう。

  • <ドッグダンス>
  • その名のとおり犬といっしょにダンスをする、ドッグダンスというドッグスポーツもあります。
    決められた動きを取り入れながらオリジナリティのあるダンスをして、点数を競います。
    ドッグダンスの一番の魅力は、ダンスをしている人が楽しいのはもちろん、観客も同様に楽しむことができる点です。




13件中 1〜13件目
並び替え
表示切替
13件中 1〜13件目
新規会員登録スマホ ポチッとLINE友だち登録

おすすめ商品